墓石の石安|岐阜県大垣市の墓石・お墓・石材専門店

新しくお墓を建てる

お墓の価格について

はじめての方へ。価格に関する注意点

和型の価格

外柵なしのお墓の価格

「外柵セット」のお墓の価格

墓誌・外柵セットのお墓の価格

五輪塔・墓誌・外柵セットのお墓の価格

洋型の価格

外柵無しのお墓の価格

洋型墓石「外柵セット」のお墓の価格

お墓の価格は分かりにくい

「8寸和型墓石」と呼ばれる標準サイズのお墓ですと、中国産のものであれば35万円のものがあります。同じ形でも最高級の墓石だと400万円掛かります。

石材の種類によって、これだけの差があります。しかし石に詳しい方で無ければ、見ためでは価格は分かりません。

石の目が細かいから高いわけでもなく、色が黒いほど高いわけでもなく、石の希少性や人気の有無によって価格が決まるため、非常に分かりにくいと思います。

墓地の場所や状況により、工事の手間が変わりますし、墓地の大きさによって外柵と呼ばれる、敷地を囲う箇所に用いる石材の量が異なります。

ですので当店では、基本的には現地を確認させて頂いてから、個別にお見積りをさせて頂いております。
お墓の価格と相場について、詳しくは【お墓の価格(値段・費用)の仕組みと相場|①概要】をご覧ください。

お墓を建てる前に知っておいて頂きたい事

お墓はどこで買っても同じと思いませんか?

当店へお越しになるお客様は、「お墓は多少の形の違いや、石の色、価格の違いは分かるけど、それ以外はよく分からない。」という方がほとんどです。

それもそうだと思います。実はお墓には見えない所や分かりにくい所に、とても重要な違いがあります

  • 基礎工事の方法
  • お墓の構造
  • 宗旨・宗派による形状の違い
  • 納骨室のつくり
  • 外柵のつくり
  • 墓石を国内加工するか、中国加工するか
  • 文字彫刻の出来栄え
  • アフターケア
  • 使用する石材の品質や等級
  • お墓参りのしやすさ
  • お墓の汚れにくさ
  • 古いお墓の取り扱い(古いお墓を解体する場合)
  • ・・・等々、挙げだすとキリがありません

お墓は石材店によって工事の仕方や加工の精度などが異なり、お墓の強度や掃除のしやすさに大きな違いが生じます。

どういう事かと言いますと、例えば家を建てる際は建築基準法という法律があり、強度などの基準がきちんと定められておりますが、お墓には基準がありません

つまり誰でもお墓を建てることができるために、どうしても石材店ごとに品質のばらつきが出てしまいます

不安を煽ってしまうのは申し訳ないのですが、実際に色々なお墓を見てきましたので、お客様にはじっくりと検討して頂きたいです。

納得のいくお墓づくりをするためには、お墓に関する知識をつけ、色々な石材店を比較することが重要だと思います。

当店では、お客様にお墓の知識をつけて頂き、納得してお墓を選んで頂けることを大切にしています。

石材店を選ぶ際に大切なことについて、詳しくは【石材店の選び方】をご覧ください。

「国産」なのに中国で加工?

2014年度時点で、日本で建てられるお墓の8割以上は、中国で加工されました。あまり知られていませんが、日本の石であっても中国で加工されることがほとんどです。

そして、たとえ中国で加工されたお墓であっても「国産」墓石として販売することができてしまいます。

しかし「国産」墓石として購入するからには、日本の石を日本で加工したいと思いませんか?

「国産」墓石について詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。
日本の石でお墓を建てたい方へ

お墓の種類

ex-wagata  ex-yougata

お墓は大きく分けて3種類あります。

  • 和型
  • 洋型
  • デザイン型

それぞれに特徴があり、利点だけでなく欠点もあります。お墓を建てるために1番最初に決めることは、お墓の形をどうするかという事です。

お墓の形について迷われている方は【お墓の形を決める上で重要な3つの事と代表的な3種類】をご覧ください。

お墓を建てる時期について

法律では、いつまでに建てなければならないという決まりはありません

そのためお墓を建てる時期については、お客様それぞれのご事情によっていつでも良いです。

お墓を建てる時期の目安として、当店の周辺では、1周忌や3回忌に建てる方が最も多いです。中には四十九日までに納骨を済ませたい方もいらっしゃいます。

逆に亡くなったばかりで寂しかった、お墓を創るタイミングを逃してしまったなど、長い間、家に置いておいたという方もお見えになります。

お墓は慌てて建てるものではないと思いますので、お客様のご事情や気持ちの整理がついた際が1番だと思います。

お墓づくりの流れ

お墓づくりの流れについては、こちらをご覧ください。
お墓づくりの流れ

墓地をお探しの方へ

墓地のご案内

当店では大垣市内を中心に、墓地の紹介を行っております。お寺様の墓地はもちろん、空状況によっては地域の墓地についてもご紹介できます。

仲介手数料や相談料は一切頂きませんので、お気軽にご相談下さい。

墓地を選ぶ際について大切な事について、詳しくは【墓地選びのポイント】をご覧ください。

自分のお墓を建てたい方へ

まだ誰も亡くなっていないけど、お墓を建てたいという方もお見えになります。

生前にお墓を建てる方は、以下のような理由をお持ちの方が多いです。

  • 大垣市営墓地に当選した
  • 自分でお墓を用意しておきたい
  • 不幸があって、慌てて建てたくない
  • 後を取るの方に負担を掛けたくない
  • 夫婦で元気なうちに2人で選んでおきたい

詳しくは【自分のお墓を建てたい方必見!抑えておきたい5つの事】をご覧ください。

当店のお墓工事をご紹介

基礎工事

まずコンクリート厚を確保するために、しっかりと地面を掘ります。

こちらの墓地は、既に砕石が入っておりましたので、そのまま利用し転圧をします。

工事の手順として一番最初に、一番大切な地盤を固めていきます。
お墓の基礎工事

基礎となる鉄筋コンクリートを施工します。

基礎コンクリートがしっかりと固まるまで、数日の時間を置きます。
お墓の基礎工事


外柵設置

基礎コンクリートが固まりましたので、外柵を設置します。

ひとつひとつ、水平をきちんと見ながら据え付けていきます。
お墓の外柵工事


                            

すべての外柵を設置しました。

石と石とは、石材用のボンドをつけて接着し、さらに金具を取り付けしっかりと固定します。

その後、金具を取り付けた箇所にコンクリートを流し強度を高めます。

写真では、外柵の隅にコンクリートを打つためのコンパネが設置されています。

ここまで工事をしたら、コンクリートが固まるまで、また数日の時間を置きます。

お墓の外柵設置工事  


<今回のポイント>
気づきにくい点ですが入口の階段部分に工夫があります。それは、お墓の区画を仕切っている既存のブロックと、入口の階段の高さを合わせている点です。

ブロックの部分も階段の一部として利用することで、墓地を広く使えるようにご提案させて頂きました。

しかし、ブロックに隠れてしまう部分にも石を使うことになるので、見えない所の石材の代金もかかってしまいます。

階段に工夫を施すことによる利点だけでなく、欠点についてもご施主様にお伝えし、お墓づくりを進めさせて頂きました。


石碑建立

外柵の設置から数日空けた後、一枚石の納骨室を設置します。

納骨室はコンクリートで作ることもできますし、4枚の板石を前後左右に貼り合わせて作ることもできます。

コンクリートや4枚の板石で作った方が安価に済みますが、当店ではこだわって一枚石を使っています。
お墓の納骨室設置工事

納骨室の上に石碑を積んでいきます。

石と石の間には、免震材と免震ボンドを施工し、しっかりと地震対策をします。
お墓の地震対策

石碑本体の設置が完了しました。

花立や水鉢などの、小物を設置しています。
お墓の石碑設置工事

石碑の周りに雑草対策として、草の生えにくい土を施工しています。

この土を施工するかしないかで、草の生え具合は全然違います。

昔はこのような商品はありませんでしたので、玉砂利を厚めに敷いたりして対策するしかありませんでした。

※全面コンクリートを打てば雑草対策となりますが、当店周辺ではお墓にコンクリートを打ってはいけないという言われがあります。
お墓の雑草対策施工

那智石を敷き、石碑の設置が完了しました。

大島石のお墓が完成です。
お墓の石碑設置工事

さらしを巻き、納骨式を待ちます。

無事に工事が完了いたしました。
揖斐郡揖斐川町 大島石のお墓

工事アルバムについて

当店では、以上にご紹介させて頂きましたように、工事の初めから終わりまでを写真に収めアルバムを制作し、無料でお渡しさせて頂いております。

工事アルバムについては、【理由5.工事アルバムの作成】をご覧ください。

10年の定期点検と掃除

当店でお墓を建てさせて頂いた際には、10年の定期点検と掃除をさせて頂いております。

お墓を建てっぱなしにするのではなく、お墓を建てた後もお付き合いさせて頂きたいという願いから、このようなサービスを始めました。

詳しくは、【安心3.10年つづく定期点検】をご覧下さい。

PAGETOP
Copyright © 石安 All Rights Reserved.