Pocket

先日、瑞穂市営 ほづみ霊園で新しい墓石の建立工事をさせて頂きました。

ほづみ霊園では、墓地の境界がきちんと整備されていますので、それを活用してお墓を建てさせて頂きます。

まずは1枚の石をくりぬいて作った納骨室を設置します。

位置と水平をきちんと確認しながら進めます。

瑞穂市営 ほづみ霊園で日本加工大島石の墓石建立工事


納骨室の上に、墓石本体の1段目を設置します。

角部にステンレスの金具を使ってしっかりと固定します。

瑞穂市営 ほづみ霊園で日本加工大島石の墓石建立工事


さらに台石を積み上げていきます。

石と石との間には、免震ゲルと免震ボンドを使って地震対策をします。

地震が起こったときに、揺れのエネルギーを逃がすクッションの役割を果たします。

以前の地震対策方法としては、ステンレスの棒を通す方法が主流でした。

しかし東日本震災のときには、ステンレスの棒を使用していた墓石も倒れてしまいました。

一方で、当店が使っている免震ゲルと免震ボンドで施工したお墓は、1基も倒れなかった実績があるため、この方法を採用しています。

瑞穂市営 ほづみ霊園で日本加工大島石の墓石建立工事


続いて1番上の石を設置します。

傾きの無いことを確認して接着します。

瑞穂市営 ほづみ霊園で日本加工大島石の墓石建立工事


墓誌やその他の小物を取り付けて完成です。

墓石の周りは那智石で仕上げます。

瑞穂市営 ほづみ霊園で日本加工大島石の墓石建立工事


こうして無事に工事が完了しました。ありがとうございます。

こちらのお墓には、愛媛県産の大島石を使用させて頂いています。

日本で建てられているお墓の多くは、中国で加工されておりますが、こちらは日本国内で加工させて頂いております。

日本加工と中国加工では、見た目にはほとんど違いが分かりませんが、細かな部分で違いがあります。

日本加工を選んで下さりありがとうございます。


工事の途中には、ご施主様がお越しくださいました。

お忙しい中、足を運んでくださりありがとうございます。

施工途中をご覧頂き、部材の位置をご確認下さり、お陰さまで無事に工事が完了しました。

ありがとうございます。

納骨式の際も、どうぞよろしくお願い致します。

Pocket