Pocket

高級な日本の石でお墓を建てたいけど、お墓のことはよく分からないから、きちんと知識をつけておきたいとお考えの方へ。

本投稿では、世界一高価な最高級石材である「庵治石(あじいし)」についてご紹介させて頂きます。

当店では高級な日本の石をお探しの方から以下のような質問をよく頂きます。

  • 墓石材で値段が1番高い石って、どんなもの?
  • 何が良いのか?
  • どこで採れるの?
  • 価格はどれくらい?
  • なぜそんなに高価なのか?
  • 建てるのにどれくらい期間が必要?

常にこだわって良い物、最上の物をお求めの方や、とにかく最高の物を残したい方を含め、様々な著名人や実業家の方に選ばれている「庵治石(あじいし)」。

美しく丈夫な庵治石は、百年以上前に彫刻された文字であっても形が崩れることがありませんし、磨かれた表面は艶もちが非常に良いです。

そんな庵治石の魅力を少しでもお届けできればと思います。


庵治石(あじいし)とは

庵治石の特徴

庵治石(あじいし)とは御影石の一種であり、グレー系の色目の石です。御影石のダイヤモンドと呼ばれ、世界一高価な最高級墓石材として広く知られています。

庵治石は磨けば磨くほどツヤが出てきます。しっかりと磨いていくと、庵治石の表面には「斑(ふ)が浮く」と呼ばれる現象が起きます。

こちらの写真で、かすれたように色の濃くなっている美しい模様が「斑(ふ)」です。良質な庵治石では、このように「斑(ふ)」のきれいなかすれ模様がはっきりと確認できます。
庵治石

「斑(ふ)」が表面に浮く御影石は珍しく、庵治石の大きな特徴です。ただし同じ庵治石でも、等級によってはきれいに「斑(ふ)」がでないものもあります。

庵治石の硬度と「モース硬度」

「モース硬度」とは、鉱物の硬さを表す尺度です。
最もモース硬度の大きい鉱物はダイヤモンドで「モース硬度10」です。
大理石は「モース硬度3」です。

庵治石は「モース硬度7」で水晶と同等の硬さを誇ります。ナイフを当てても傷がつかないのはもちろん、他の御影石に比較して硬度が高く細かな加工にも向いています。

なお、モース硬度は圧縮強度とは異なる評価方法です。圧縮強度については、庵治石より強度のある石もあります。

庵治石の種類

庵治石は、目の細かさによって大まかに3種類に分類されます。

  • 細目(こまめ)
  • 中細目(ちゅうこまめ)
  • 中目(ちゅうめ)

このうち、細目が最高級とされております。ただし細目といっても、庵治石を採る場所が違うと色や斑の具合が異なるために、同じ細目でも庵治石の状態によって価格が異なります。

中目は、細目よりも石の目が粗く白色が強いです。細目と同じく斑がありますが、細目に比べると色が薄いです。

中細目は、細目と中目のちょうど中間くらいの石です。

庵治石には数多くの等級・種類があり、黒色の強い庵治石は「黒口」、白色の強い庵治石は「白口」と呼ばれることがあります。


庵治石(あじいし)の採石場所

庵治石は、香川県高松市の庵治・牟礼地方で産出されます。

四国八十八箇所霊場のひとつ八十五番霊場「八栗寺」のある五剣山の一角が庵治石の採石場です。

庵治石を採っている採石場は「丁場(ちょうば)」と呼ばれます。同じ山ですが丁場(ちょうば)は数十箇所もあります。

それぞれの丁場(ちょうば)で採れる石の目の細かさや色、「斑(ふ)」の具合が異なり、等級や価格が異なります。

愛知県岡崎市、茨城県桜川市とならび、庵治石の産地である香川県高松市は日本の花崗岩3大産地と呼ばれています。


なぜ庵治石は世界一高価なのか?

庵治石が高価である理由は、耐久性があり丈夫で美しい見た目であることはもちろんですが、なにより希少価値が高いからです。

採れる石のうち、製品になるのは数%

庵治石は、採っても採っても墓石に使える石が出ないということが良くあります。

この理由は庵治石に傷が多いためです。大きな傷であれば、石を採って加工する前に分かりますが、小さな傷は分かりません。
庵治石の原石

写真は採れたての原石です。この状態では傷が全く無いように見えます。しかし実際に加工し磨いてみると、小さな小さな傷があって製品にならない事も多くあります。

それに加え、庵治石は色合わせが難しいです。色あわせとは、その名の通り墓石全体で色を合わせることです。

花立や香炉も含め、墓石一式で色を合わせていきます。庵治石の場合は、色だけでなく「斑」の具合も合わせていきますので、これが大変な作業です。

工程を進めるごとに選別されていき、選りすぐりの庵治石だけが残ります。最終的に製品になるのは、わずか数%です。

大きなものほど高価

先にも述べましたとおり、庵治石は傷が多い石です。

そのため大きい製品ほど傷も出やすいので、材料の効率はとても悪くなります。

大きい製品ほど手間も期間もかかるので、値段も高くなります。

ただし、こうして出来上がった大きな極上の庵治石製品は、見る人を圧倒する魅力があります。


庵治石の価格はどれ程か?

当店周辺では和型8寸2段のものが良く出ますので、これを基準にお話します。

庵治石の一番安価なものですと、工事費込みで100万円からご用意させて頂いております。ただし一番安価な庵治石ですと斑があまり分からず、どうしても庵治石の良さが薄くなってしまいます。

最高品質の庵治石につきましては、庵治石の採れる状況によって変わりますが300万円~400万円程度です。

同じ庵治石でも、等級が違うと3~4倍も価格が違ってきます。

お墓が大きくなると、さらに値段が上がります。

こちらの大名墓は、高さが4mほどあり見上げるほどの大きさで、さすがに圧巻のお墓です。現在は石安の協力会社様に保管されています。
庵治石の大名墓

庵治石の細目で大きなものは、だんだん採れなくなってきたようです。同じものを今から作ろうとすると、半年くらい掛かるかもしれないとの話を聞きました。


庵治石の加工について

庵治石は、庵治石のことを良く知っている採石元の近くの工場で加工されます。
庵治石の加工

磨けば磨くほど艶が出て斑が浮いてくる庵治石は、鍛えられた職人の手によって生み出されます。

磨きの具合によっては、せっかく原石が極上のものであっても、その良さが生きてきません。

近年では、庵治石を中国に輸出して加工するケースがあります。

中国にも腕の良い職人はおり、一概に中国の加工の全てが良くないとは言えませんが、色合わせや斑の具合を合わせる技術があるかどうかについては、疑問が残ります。

当店が庵治石の加工をお願いしている業者様は、コンクールで賞を取るほど腕があり、絶対の信頼を置いています。


当店での庵治石の取り扱いについて

仕入れについて

庵治石に限らず、全ての石の仕入れ方法は大きく分けると以下の2通りです。

  • 現地の業者から直接仕入れる
  • 商社を通して仕入れる

素直に考えると、現地の業者から直接仕入れたほうが中間マージンが無くお値打ちに石が手に入ると思います。

庵治石についても、直接仕入れた方が安く済む場合があります。

しかし庵治石の極上品というのは、本当にわずかしか採れません。

もし私が庵治石の採石元だったとしたら、そのわずかしかない貴重な石を誰に提供するか・・・と想像してみると、一番のお得意先だと思います。

つまり、庵治石の採石元にとって一番のお得意先である商社から仕入れるのが、庵治石の極上品を手に入れる最善の方法だと考えています。

そのため当店では中間マージンが掛かったとしても、採石元にとって一番のお得意先である、信頼できる商社様を通して庵治石を仕入れております。


庵治石でお墓を作る場合に必要な期間

庵治石以外の製品ですと、当店では基本的に3ヶ月の余裕を見て頂いております。

しかし庵治石は製品にするまでの効率が良くないので、1ヶ月程余分に時間が掛かります。

そのため当店周辺のお墓に多い和型8寸2段のお墓でしたら、4ヶ月の期間を見て頂きたいです。

大きなサイズのものですと、採石場の状況により半年以上掛かる場合がありますので、お気軽にお問合せください。


おわりに

最後まで長文にお付き合い頂きありがとうございました。

庵治石のお墓をご検討されている方にとって、少しでもお役に立てればと思い記事を書きました。

庵治石は、常にこだわって良い物、最上の物をお求めの方や、とにかく最高の物を残したい方を含め、様々な著名人や実業家の方に選ばれています。

しかし、とても難しい石ですので、出来ればきちんと情報を集めじっくりと考えていただきたいと思います。

分かりにくい点や、ご不明な点があれば、お気軽にご連絡下さい。どうぞよろしくお願い致します。

  

Pocket