Pocket

庵治石の価格や特徴。世界一高価な最高級墓石材について
最高級の石でお墓を建てたいけど、お墓のことはよく分からないから、きちんと知識をつけておきたいとお考えの方へ。

今回は世界一高価な最高級石材である「庵治石(あじいし)」についてご紹介させて頂きます。

当店では高級な日本の石をお探しの方から以下のような質問をよく頂きます。

  • 墓石材で値段が1番高い石って、どんなもの?
  • 何が良いのか?
  • どこで採れるの?
  • 価格はどれくらい?
  • なぜそんなに高価なのか?
  • 建てるのにどれくらい期間が必要?

常にこだわって良い物、最上の物をお求めの方や、とにかく最高の物を残したい方を含め、様々な著名人や実業家の方に選ばれている「庵治石(あじいし)」。

美しく丈夫な庵治石は、百年以上前に彫刻された文字であっても形が崩れることがありませんし、磨かれた表面は艶もちが非常に良いです。

そんな庵治石の魅力を少しでもお届けできればと思います。


庵治石(あじいし)とは

庵治石の特徴

庵治石(あじいし)とは御影石の一種であり、グレー系の色目の石です。御影石のダイヤモンドと呼ばれ、世界一高価な最高級墓石材として広く知られています。

庵治石の最大の特徴は、石の表面に「斑(ふ)が浮く」と呼ばれる現象が起きることです。

庵治石は黒い雲母と呼ばれる成分が入り混じったまだら模様です。磨けば磨くほどに「斑(ふ)」の濃淡が浮き出てきます。

そして平坦なはずの石の表面が、「斑(ふ)」によって奥行きを感じさせる二重のかすり模様のように見えます。

庵治石の産地では古くから、その模様の事を「屋島から舞い落ちる桜の花びら」や「高い山々にかすみたなびく雲」に例えられ、縁起物としても珍重されてきました。

こちらの写真で、かすれたように色の濃くなっている美しい模様が「斑(ふ)」です。良質な庵治石では、このように「斑(ふ)」のきれいなかすれ模様がはっきりと確認できます。
庵治石細目 最上級

庵治石の種類

庵治石は、目の細かさによって大まかに3種類に分類されます。

  • 細目(こまめ)
  • 中細目(ちゅうこまめ)
  • 中目(ちゅうめ)

庵治石の3種類

このうち、細目が最高級とされております。ただし細目といっても、庵治石を採る場所が違うと色や斑の具合が異なるために、同じ細目でも庵治石の状態によって価格が異なります。

中目は、細目よりも石の目が粗く白色が強いです。細目と同じく斑がありますが、細目に比べると色が薄いです。

中細目は、細目と中目のちょうど中間くらいの石です。

庵治石には数多くの等級・種類があり、黒色の強い庵治石は「黒口」、白色の強い庵治石は「白口」と呼ばれることがあります。

ただし同じ庵治石でも、等級によってはきれいに「斑(ふ)」がでないものもあります。


庵治石(あじいし)の採石場所

庵治石は、香川県高松市の庵治・牟礼地方で産出されます。

四国八十八箇所霊場のひとつ八十五番霊場「八栗寺」のある霊峰・五剣山のふもとが庵治石の採石場です。

庵治石を採っている採石場は「丁場(ちょうば)」と呼ばれます。同じ山ですが丁場(ちょうば)の数は、今は稼働していない所も含めると約50箇所もあります。

それぞれの丁場(ちょうば)で採れる石の目の細かさや色、「斑(ふ)」の具合が異なり、等級や価格が異なります。

庵治石の中でも最上級とされる石は、その中でもほんの一握りです。

丁場の数以上に庵治石の種類がありますので、その「目利き」は困難を極めます。

すべての庵治石の「目利き」ができるのは、常日頃から庵治石に触れている現地の熟練した職人さんのみであるため、日本の中でも数えるほどしか存在しません。


庵治石の歴史

庵治石は平安時代後期から使われ始め、その歴史はおよそ1000年もあります。

安土・桃山時代には京都男山の石清水八幡宮再興、江戸時代初期には高松城築城や大坂城代改築にも庵治石が使われています。

庵治石が全国的に知られるようになったのは昭和初期です。

庵治石はその硬さゆえに加工が難しく、採石や加工の知恵と技術とともに「天下の銘石・庵治石」として名を轟かせました。

庵治石の取れる地域の近くにある屋島壇ノ浦が、源平合戦の舞台となりました。その当時の様子を描いた源平合戦屏風絵(洲崎寺蔵)がこちらです。
源平合戦屏風絵(洲崎寺蔵)

なぜ庵治石は世界一高価なのか?

庵治石が高価である理由は、耐久性があり丈夫で美しい見た目であることはもちろんですが、なにより希少価値が高いからです。

採れる石のうち、製品になるのは数%

庵治石は、採っても採っても墓石に使える石が出ないということが良くあります。

この理由は庵治石に傷が多いためです。大きな傷であれば、石を採って加工する前に分かりますが、小さな傷は分かりません。
庵治石の原石

写真は採れたての原石です。この状態では傷が全く無いように見えます。しかし実際に加工し磨いてみると、小さな小さな傷があって製品にならない事も多くあります。

それに加え、庵治石は色合わせが難しいです。色あわせとは、その名の通り墓石全体で色を合わせることです。

花立や香炉も含め、墓石一式で色を合わせていきます。庵治石の場合は、色だけでなく「斑」の具合も合わせていきますので、これが大変な作業です。

工程を進めるごとに選別されていき、選りすぐりの庵治石だけが残ります。最終的に製品になるのは、わずか数%です。

大きなものほど高価

先にも述べましたとおり、庵治石は傷が多い石です。

そのため大きい製品ほど傷も出やすいので、材料の効率はとても悪くなります。

大きい製品ほど手間も期間もかかるので、値段も高くなります。

ただし、こうして出来上がった大きな極上の庵治石製品は、見る人を圧倒する魅力があります。


庵治石の価格はどれ程か?

当店周辺では和型8寸2段のものが良く出ますので、これを基準にお話します。

庵治石の一番安価なものですと、工事費込みで100万円からご用意させて頂いております。ただし一番安価な庵治石ですと斑があまり分からず、どうしても庵治石の良さが薄くなってしまいます。

最高品質の庵治石につきましては、庵治石の採れる状況によって変わりますが300万円~400万円程度です。

同じ庵治石でも、等級が違うと3~4倍も価格が違ってきます。

お墓が大きくなると、さらに値段が上がります。

こちらの大名墓は、高さが4mほどあり見上げるほどの大きさで、さすがに圧巻のお墓です。現在は石安の協力会社様に保管されています。
庵治石の大名墓

庵治石の細目で大きなものは、だんだん採れなくなってきたようです。同じものを今から作ろうとすると、半年くらい掛かるかもしれないとの話を聞きました。



庵治石の加工について

庵治石は、庵治石のことを良く知っている採石元の近くの工場で加工されます。
庵治石の加工

磨けば磨くほど艶が出て斑が浮いてくる庵治石は、鍛えられた職人の手によって生み出されます。

磨きの具合によっては、せっかく原石が極上のものであっても、その良さが生きてきません。

近年では、庵治石を中国に輸出して加工するケースがあります。

中国にも腕の良い職人はおり、一概に中国の加工の全てが良くないとは言えませんが、色合わせや斑の具合を合わせる技術があるかどうかについては、疑問が残ります。

当店が庵治石の加工をお願いしている業者様は、コンクールで賞を取るほど腕があり、絶対の信頼を置いています。


当店での庵治石の取り扱いについて

仕入れルートの確立に5年

当店が自信を持ってオススメできる最上級の庵治石。

これを提供するための仕入れルートを確立するのには5年掛かりました。

それは庵治石は種類が50以上あり、その中でどれが1番良いのか分からなかったためです。

庵治石を仕入れるためには、現地の業者さんから直接仕入れる方法や、大手石材商社を通して仕入れる方法など様々なルートがあります。

そしてどの業者さんも、自分のところの庵治石が最上だとおっしゃられるので、本当によく分かりませんでした。

最上級の庵治石を仕入れるためにはどうすれば良いのかを考えながら、現地へ何度も行き、話を聞くことを続けました。

良い庵治石を探し始めて5年が経った頃にようやく庵治石の事が分かるようになり、素晴らしい職人さんに出会うことができ、納得のいく庵治石を仕入れる事ができるようになりました。

保証について

当店では、最高品質の庵治石については錆びによる変色と傷に関する永年保証をしております。

錆びによる変色とは、鉄が錆びるように石の表面に赤茶色が出てきて変色する事です。

庵治石は、基本的に錆びによる変色があり得ます。

しかし最高品質の庵治石については錆びは出ませんが、ごくまれに出る場合があります。そのような場合には、直ちに取り替えさせて頂きます。

また加工した時点で小さな傷まで完全に取り除いておりますが、石の内部に傷があり加工した時点で見つけられない場合もあります。

このような場合におきましても、直ちに取り替えさせて頂きます。

最高の物を安心してお求め頂けるよう、当店では永年保証をしています。

対応エリアについて

全国どこでもご対応致します。

庵治石は非常に難しい石であるため、最上級の石でお墓をつくるためには、原石の採取から加工など全ての工程で、庵治石に熟練した職人が携わる必要があります。

当店も、庵治石を取り扱い始めた当初から最上級の石を仕入れられたわけではありません。

現地に何度も足を運び、山を見て、加工場へ伺いようやく確立した仕入れルートです。

当店は最上級の庵治石を仕入れること、そして最上級の加工方法に自信があります。

そのため通常は東海3県を中心に工事をさせて頂いておりますが、本当に良い物をお求めの方が、本当に良い物を手にして頂けるよう、全国どこでもご対応致します。

特に首都圏の場合ですと、岐阜県からの出張費を差し引いても、当店の方が安価であった実績があります。

ぜひお気軽にお声かけ下さい。


庵治石でお墓を作る場合に必要な期間

庵治石以外の製品ですと、当店では基本的に3ヶ月の余裕を見て頂いております。

しかし庵治石は製品にするまでの効率が良くないので、1ヶ月程余分に時間が掛かります。

そのため当店周辺のお墓に多い和型8寸2段のお墓でしたら、4ヶ月の期間を見て頂きたいです。

大きなサイズのものですと、採石場の状況により半年以上掛かる場合がありますので、お気軽にお問合せください。


おわりに

最後まで長文にお付き合い頂きありがとうございました。

庵治石のお墓をご検討されている方にとって、少しでもお役に立てればと思い記事を書きました。

庵治石は、常にこだわって良い物、最上の物をお求めの方や、とにかく最高の物を残したい方を含め、様々な著名人や実業家の方に選ばれています。

しかし、とても難しい石ですので、出来ればきちんと情報を集めじっくりと考えていただきたいと思います。

分かりにくい点や、ご不明な点があれば、お気軽にご連絡下さい。どうぞよろしくお願い致します。

  

Pocket